ご宿泊プラン一覧

大和屋別荘のおもてなし

OMOTENASHI

もてなしを游ぶ

大和屋別荘はお部屋専属の客室係が
「お出迎え」から「お見送り」まで
お客様の思い出に残るご滞在を
お手伝いさせていただきます。
端正な所作と一人ひとりの個性あふれる
おもてなしでお寛ぎくださいませ。

    えりか
    ERIKA

    「地元愛媛の食材をふんだんに使った季節のお料理と、道後の御湯で、日頃の疲れを癒していただき、また、お客様の旅の一助となるよう、おもてなしをさせていただきます。」

    特技:お裁縫

    趣味:映画鑑賞

    好きな食べ物:山田屋まんじゅう、うつぼ屋 坊っちゃん団子

    道後で好きな場所:道後の町家(カフェ)、圓満寺

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    お客様と直接接することができ、自分のお仕事・スキルによってお喜びいただいたことがわかる、そんなお仕事がしたいと思っていたからです。

    なな
    NANA

    「街中にある温泉街とは思えないほど、静かな空間であることが大和屋別荘の魅力であると思っています。ご来荘賜ったお客様に寄り添い、ご満足してお帰りいただき、そしてまたココにお戻りいただけるよう、お一人ずつその方に合わせた丁寧な対応を心掛けています。」

    特技:なし

    趣味:絵を描くこと、映画鑑賞

    好きな食べ物:うどん、鯛めし

    道後で好きな場所:道後商店街、道後温泉本館

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    女性らしい所作や、お着物の着付けなど、日本の伝統的なおもてなしの基本を知りたいと思ったからです。

    みかこ
    MIKAKO

    「当館の魅力は、地元でもなかなか目にしない本格的な会席料理をお部屋でゆっくりとお召し上がりいただけるところだと思っております。お越しいただいたお客様にお喜び、ご満足いただき、また来たいと思えるようなあたたかなおもてなしを心掛けております。」

    特技:初対面の方でもすぐに仲良くなれること

    趣味:旅行、食べ歩き

    好きな食べ物:寿司、焼肉、カレー

    道後で好きな場所:道後温泉本館、飛鳥乃湯泉、椿の湯

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    人と関わるお仕事が好きで、毎日色々な方と接し、その方々に喜んでもらうことで、自分自身に出来ること・スキルを日々向上させたいと思ったからです。

    たか
    TAKA

    「今の大和屋別荘の館が出来た頃より、ここで働いており、開業当時から道後の喧騒から少し離れた高台にあった当館は、なんと言ってもその凜とした「静けさ」が魅力かと存じます。日々の身だしなみや、お客様と接する時の笑顔など、基本の心掛けを大切にまだまだ精進している最中でございます。」

    特技:なし

    趣味:もの作り(特にミシンで出来る和小物など)

    好きな食べ物:漬物、ネバネバしたもの

    道後で好きな場所:道後温泉駅前

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    接客業が元々大好きだったからです。

    西原
    NISHIHARA

    「いつも笑顔でお待ちしております。」

    特技:なし

    趣味:ビリヤード、ゲーム

    好きな食べ物:卵かけご飯

    道後で好きな場所:夕暮れ時の空の散歩道

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    元々お客様と直接関わる接客業が好きだったのですが、前職ではなかなかお客様と過ごす時間の少ないお仕事だったため旅館でのお仕事・客室係に興味を持ちました。

    玉井
    TAMAI

    「ご自宅にいるような「快適さ」と、日頃は体験することができないような「非日常」な空間を演出できるよう、日々大和屋別荘伝統のおもてなしの心を学んでいます。」

    特技:お手玉

    趣味:旅行、ドライブ

    好きな食べ物:つけ麺

    道後で好きな場所:空の散歩道

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    前職のホテルでの経験も活かしつつ、より一人一人のお客様とじっくり向き合いたいと思ったため、当館の客室係というお仕事に魅力を感じました。

    あさり
    ASARI

    「ご旅行に際し、当館を選んで頂いた大切なお客様へ、館内のどちらでもゆったりお寛ぎ頂き大和屋別荘という空間を愉しんで頂けるよう努めて参ります。」

    特技:ディズニーソングのイントロクイズ

    趣味:カフェ巡り

    好きな食べ物:チョコレート

    道後で好きな場所:「伝統的」な一面と、「現代的」な側面、どちらも感じることのできる道後ハイカラ通り (道後商店街)

    客室係になろうと思ったきっかけ:
    人と接することが大好きで、接客業を元々目指しており、その中でも「旅」という特別な時間を過ごす方々に携われる客室係という職業に魅力を感じたため。